沖縄では廃車も査定してくれる

沖縄で廃車を高く売るならココだ!!

沖縄では廃車も査定してくれる


車検切れ、故障、事故などなど車にお金をかけたく無くなった時こそ手放す時期でしょう。金の切れ目が縁の切れ目。。。

 

それまで大事に乗ってきた愛車であることは間違いないのではないでしょうか?しかし、下取りに出しても0円。。。買取に査定してもらってもハナから相手にしてくれません。。。

 

それもそのはずディーラや中古車販売店、買取業者は売れないことには査定金額を出してくれず、廃車となると解体業者に引き取りに来てもらい手間暇がかかるため買い取りしてくれないのです((+_+))

 


 

最近街中で『廃車買います』などの看板を見かけませんか?

 

実はあれ、カラクリがあるんですよ。。。

 

確かに査定金額を出してくれます。軽自動車で5000円が相場でしょうか?

 

実際にH14年式 マーチ 走行17万kmの廃車という設定で問い合わせてみました

( ..)φメモメモ

 

業者『お車は何ですか?』

私『マーチです。』

業者『車検は残っていますか?自動車税は納付済ですか?』などなど聞いてきます。

私『車検は半年残っています。税金は納めています』とのやり取りがしばらく続き、

業者『買取金額は10000円ですが、抹消登録などの事務手数料に10000円かかりますので今回は無料で引き取らせていただきます!』と上から目線( ゚Д゚)

もちろんスパイの私は『ちょっと考えます』と丁重にお断りさせていただきました。。。

 

みなさん、このケースよく考えてくださいね、車検が半年残っている、税金は納税済です。永久抹消をすれば重量税と自賠責保険料と自動車税の還付があるのです。

 

ということは。。。

重量税…約5000円

自賠責…約3000円

自動車税…約17000円(6か月分として)

なんとこれだけでも約25000円損しているんです!!(゚д゚)!!

 

しかも、事務手数料10000円というのも高い!!

 

廃車だからと言ってタダでしてもらえるならと生ぬるいこと言っちゃダメですよ!

 

返ってくるものはしっかり貰わないと損です!

 


 

はい、本題です。

 

では、損しないための廃車はどうすれば良いか??

 

全国対応の引き取り、事務手数料無料。また、税金などの還付も対応してくれる廃車買取業者に依頼することです(^O^)/

 

車両の買い取り価格は業者により差がありますので、私が独自の調査を行った結果ランキング順にて紹介しましょう~

 


 

まずはこちら

『廃車ドットcom』同じくマーチなら2万円オーバーです(^^♪もちろん還付金アリ、手数料無料の安心価格です!

最高値を狙うならおススメです♪

 

合計約50000円GET!!

 

 


 

続いては

全国展開拡大中の『カーネクスト』スピードでは一番ですが、値段はチョイ不満アリ(;^ω^)しかし、還付有、手数料無料ですからお急ぎの方はおススメです!

 

合計約40000円GET!!

 

 


 

最後に

事故現状車など自走が困難な車はこちら『TAU』がいいでしょう♪今回の買取り金額は参考になりませんでしたが。。。

 

とにかく何でも買い取りOKです!

 

 


 

最後に。。。少しでも高く買い取りして欲しいなら。。。

 

電話で問い合わせじゃなく、ネットの登録フォームから問い合わせすることです!!

登録フォームはこちらから

 

電話で問い合わせするのは釣り糸に喰いついた魚みたいなもの。『釣った魚には餌をあげない』=『希望金額を出してもらえない』と思っておいた方がよいでしょう!

 

 

登録フォームに入力すると、買取店から連絡があります。そこでも希望金額は言わずに査定してもらう日程だけ伝え、『買ってもらう』のではなく『売ってあげる』という立場でいましょう(^_-)-☆

 

 

また、電話が鳴りやまない。。。ご心配なく( `ー´)ノ電話の対処法は。。。『よそで決めた』これだけで十分です( *´艸`)

 

あっさり引いてくれ、二度と電話が鳴ることはありません!以上を踏まえ査定依頼に挑めば希望金額以上の査定金額がgetできるはずです!!


廃車を査定に出す時は、スタッドレスタイヤを装着したままではなく、冬用ではない標準のタイヤにしておいたほうが良いでしょう。意外かもしれませんが、スタッドレスタイヤは査定にマイナスになるものです。もしも、状態が良いのであればスタッドレスタイヤも廃車とまとめて買い取ってもらえることもありえますが、走り過ぎて溝がすり減っていると、反対に処分の費用が必要かもしれません。
査定を受けることが決まった廃車について、傷やへこみをどうしようか判断に迷うこともあるでしょう。
傷については、自分で直せる程度の小さなものなら、直してしまえば良いのですが、あまり修理にこだわらなくても結構です。
理由は時間とお金をかけて傷を直し、それで査定額がプラスされたとしても修理にかかるお金の方が間違いなく高くつくからで、自分で直せないくらいの傷なら修理しないままでプロの査定を受けてしまうのが良いです。
事故にあった廃車でも査定は申し込めますが、査定金額はまず低くなってしまいます。
とは言っても、事故廃車であるということを隠そうとしても査定する人には隠しきれないので、マイナスの印象を与えてしまいます。事故によるダメージが大きすぎる場合には、事故廃車専門で行っている中古廃車買取業者に査定を頼むと良いでしょう。その方が高い金額をつけてくれる場合もあるでしょう。中古廃車買取業者の査定を受けようとする時に知っておくとよいことですが、査定は一社のみに任せずいくつかの業者に依頼し、洗廃車と廃車内の掃除も行なっておき、加えて、廃車検証や保険証書(自賠責)など必要書類は用意をしておきましょう。それからもう一つ、後からいざこざの元にならないよう、事故を起こして修理したことなどは率直に申し出ておきましょう。もしも業者の出す査定額が不服ならそこはきっぱりあきらめて次に行きましょう。さていよいよ業者に査定をしてもらうという時、その前に洗廃車を念入りにし、廃車内もきれいに掃除しておきましょう。
買取業者の査定員がたとえ海千山千であってもやはり人間なので、一目で手入れされてないとわかる汚い廃車よりはきれいに洗われた廃車に良い感情を持つでしょう。
そういったことに加え、廃車の汚れがあると、わずかなへこみや小さな傷の有無が黙認できませんから、そこで査定額が減らされる可能性もあります。
それから廃車を洗う時には洗いやすい外装だけではなくタイヤまわりも洗っておきましょう。
買取業者ごとに異なる中古廃車の査定額ですが、その差は意外と大きいことが知られています。
安く買い叩かれて意に沿わない取引になってしまわないように、一社だけでなくいくつもの業者から見積もりを出してもらうようにします。
ところで、ネットなどで業者が示す見積もり額と買取業者が廃車を調べて出してくる査定額とは差があるのが普通ですので、少し気を付けておいた方がいいです。
極端な例ですが、高額査定をネットの見積もりでつけておき、相場よりずっと安い査定額をつけてしまう悪い業者も存在します。
廃車の査定についてですが、業者の訪問で行う出張査定もなかなか人気があるようです。業者に来てもらえるのでやはりとても楽で、持ち込みではかかる燃料代もかからないのです。
楽だし燃料代もかからないし言うことは無いのですが、押しに弱い人は業者に足を運んでもらう出張査定より、自分で買取業者のお店まで運転して相手の方で査定を受けるのが向いているかもしれません。
業者に対して遠くまで足を運ばせてしまった等、申し訳ないような気持ちになると、買取を断れなくなるかもしれません。
中古廃車の査定についてよく言われることですが、手間は省けていいのですが一社だけに査定を任せるのはおすすめできません。
というのもそことは違う業者を選んでいたなら廃車にもう少し高い査定額がついていた可能性を否定できないからなのです。
近頃はインターネットを使うことで複数の業者に査定してもらって一括で見積もり額を集めて比較することができるようになりました。いくらか時間はかかってしまうことになりますが、多くの業者によって査定を受けておくと査定額は相場に合った適正なものになり、満足のいく愛廃車とのお別れになるでしょう。
近頃では、スマホ人口は増加の一途をたどりつつありますが、廃車の査定も勿論スマホで行なえるのをご存知でしょうか。
スマホ持ちだけどパソコンはないという人でもネット上にあるオンライン一括査定のサービスを使えるということですから、手間いらずな上、かなりの時短になりますね。
査定額をなるべく高く出してくる買取業者に巡り会うために、おすすめは一社単独に査定を頼まずにいくつかの会社で査定を受けてみることです。
よく見かけるようになった廃車査定関連アプリも使ってみると業者探しの効率がもっと上がりそうですね。
廃車の査定を受ける際の手順としては、最初にネット等で一括査定を申し込みます。
そうすれば、中古廃車買取業者から入力情報を基にした査定額が表示されますから、査定額が高かったり、信頼できそうだったりする業者に実際に査定してもらいましょう。
査定の結果が満足できるものだった場合、契約をし、廃車を売ります。
お金は後日に振り込まれる場合がほとんどです。

 

タグ : 

沖縄 廃車 査定

この記事に関連する記事一覧