自動車保険の間違った契約

沖縄で廃車を高く売るならココだ!!

自動車保険の間違った契約


自動車保険の間違った契約

車の保険に加入していても、実際に事故やトラブルに遭ってからその保険の契約内容を初めて知る人も少なくありません。

 

特に多いのが、同じ車を長い年数使用していて『保険の内容を安いプランに変更する』人や中古車を購入して『中古車だから車両保険は入らなくていい』という人。

 

任意保険にすら加入していない人は論外です。。。

 

その任意保険は大きく分けて3パターンあります。

①一般・・・対人、対物、搭乗者保険など相手方のみの保障。

 

②車対車・・・①プラス車同士の事故のみ自分の車の修理代も保障できる。

 

③車両保険・・・①、②プラス車上荒らし、災害、自損事故などほぼすべての修理が保障できる。

どんな状況の事故であれ、①や②の保険内容では自分の車の修理代は出ない可能性が大きいのです。

 

そうなると最悪なのは『買ったばかりの車なのに。。。ローンだけ残ってしまった。。。生き地獄だ。。。』この世の終わりと言わんばかりの絶望感と後悔の念しかありません。

 

また、車同士の事故で②、③の保険に加入している人でも『車両保険に入っているから大丈夫!!』と安心しきってはダメダメですよ!これからが大変なのです。車同士の事故の場合、自分に非がないと主張しても事故の相手も同じことを思っています。車同士の事故の場合はほとんどと言っていいくらい、10:0はないんです。ゴネればゴネるほど時間の無駄で最終的には相手保険会社の弁護士が出てきて不利になるんです。

 

こうならないためのポイントは?

①車両保険に加入・・・自分の車の保障をしてもらうため。

 

②弁護士特約を付ける・・・過失割合などで弁護士に解決してもらうため。

 

無保険車傷害特約を付ける・・・相手が保険未加入の場合でも保険金が出るため。

 

さて、これからが本題です!!

 

事故処理も終わり、修理見積りが出ました。

 

その金額は80万円です。しかし、保険でその費用は出ます。あなたならどうしますか?

 

『保険金で修理するに決まってんだろwww』というあなたは典型的な損する人です!!

 

なぜなら、支払いが決まった保険金額で絶対に修理しないといけないとは限りません。

 

損害に対する賠償金にすぎませんので、その保険金で買い替えようが、修理しようが、本人の勝手なのです。

 

何が言いたいかというと。。。

 

80万円かけて修理したとしても、その車は修復歴ありという評価で売却時の査定価格は無事故車と比較すると数十万円も下がります。

 

先々のことを考えて、修理せずに売っちゃいます。そして保険金の80万円と買取してもらったお金で新しい車を買っちゃえばイイのです。


事故車を売るならタウへ

 

 

沖縄で車の査定を受けるのだったらその前に、洗沖縄で車をしておくのが基本です。沖縄で車の査定を実際におこなうのは人なので、一目で手入れされてないとわかる汚い沖縄で車よりはきれいに洗われた沖縄で車に良い点数をつけたくなるというはずです。沖縄で車の汚れについてはそれだけでなく、汚いままだと、わずかなへこみや小さな傷の有無が黙認できませんから、それが響いて査定額のマイナスにつながるかも知れません。それから洗沖縄で車をする場合、外装だけでなくタイヤまわりなどに溜まった汚れも落としておくといいでしょう。ネットを使うことで、沖縄で車の査定の相場を調べることができるでしょう。大手の中古沖縄で車買取業者のウェブホームページなどを検索することで、沖縄で車の買取価格の大体の相場がでてきます。相場を調べておくことで、安く売り過ぎてしまって損をすることはありませんので、事前によく確認をして頂戴。そうはいっても、沖縄で車の状態次第で変化するため、必ずしも相場のままの価格で売ることが可能だとは限りません。沖縄で車を査定に出す時は、手間をかけてもスタッドレスタイヤをつけたままにするのでは無く、標準のタイヤに戻しておきましょう。意外かも知れませんが、スタッドレスタイヤは査定にマイナスになるでしょう。状態が良ければまとめてスタッドレスタイヤも買取を行ってもらえる場合も出てきますが、溝が走り過ぎてない状態だと、処分するためにお金が必要となる場合もあります。ネットで沖縄で車の査定をしようと業者のホームページなどを見てみると、電話番号など個人情報を打ち込むようになっているところが大部分であるようです。買取業者を探して電話するのも面倒だし、ネットで手早く査定に出したいところではあるものの、しつこく電話がかかってきたりしないかなどの不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)から、ネットを使った査定の申し込みをためらうのは無理もありません。ですが、そういったユーザーの声に応えたのか近頃は、個人情報不要で沖縄で車種や年式などの記入だけで使えおおまかな買取額を知ることできるホームページも出てきましたし、試してみるのも良いでしょうね。中古沖縄で車買取業者の査定を受けようとする時に知っておくとよいことですが、大切なのは査定を一か所の業者に依頼せず複数社を使うこと、洗沖縄で車と沖縄で車内の掃除も行なっておき、スムーズな手続きのために必要書類は揃えておくこと、でしょうか。これも大切なことですが、後の方になってから話がもつれるようなことになってはいけないので、修理歴があることなどは査定に響くからといって黙っておくことはしないで告げておくのがルールです。もし査定額にどうしても納得できない場合はそこでの売却は断念し、気持ちに逆らって後悔の種を残さないようにします。実物の沖縄で車を査定する段において、自宅で受けられる出張査定を選ぶ人はかなり大勢いるようです。自宅を動かないのでとにかく楽で、当たり前ですが運転しないからガソリンも減らさずに済みます。しかし、勧誘を断れないなど交渉事が不得手なら自宅に業者を呼ぶスタイルの主張査定よりも、自分で買取業者のおみせまで運転して査定を受ける方がいいかも知れません。わざわざ出むかせて悪いから、などと思ってしまった場合、買取を断れなくなるかも知れません。査定を受けることが決まった沖縄で車について、沖縄で車についてしまった傷やへこみをどうしたものかと迷う人も多いようです。傷については、自分で直せる程度の小さなものなら、直しておくにこしたことはありませんが、あまり修理にこだわらなくても結構です。なぜなら直したことで上がる査定額分よりもまず修理代の方が高くなるためで、自分で直せないくらいの傷なら修理しないままでプロの査定を受けてしまうのが良いです。中古沖縄で車の査定額は一言で言うと買取業者によりけりです。安く買い叩かれて意に沿わない取引になってしまわないように、とにかくいくつかの業者に見積もりを出してもらうようにします。しかし、そうやって手に入れた見積もりの額と沖縄で車を見て業者が実際に出す査定額とは違ってきますので、その点は用心しておくのがよいでしょう。時々、高額の見積もりを出して客を誘い、査定額は格安にしてしまうというたちの悪い業者もいることはいますよね。沖縄で車の売却を考え、いくらで売れるのか査定を受けたい時、とにかく便利なのがオンラインの一括査定です。しかし一括査定を申し込むと、業者からの営業電話はしばしひっきりなしですし同じ様に営業メールも来るということは理解しておいて頂戴。対処の仕方はあります。電話を着信拒否にするため電話番号は携帯のものだけを書き込んでおき、今度限りの捨てアドをメール欄に入れると良いです。くわえて、ネットの査定が済んで実物を見てもらう段階の査定でも業者は複数利用するのが高い査定額につながります。事故にあった沖縄で車でも査定は申し込めますが、金額はかなり低くなるでしょう。そうはいっても、事故を起こした沖縄で車ということは隠そうとし立ところで査定する人は事故沖縄で車であることは分かるので、マイナスのイメージになります。もし、事故での損傷がひどすぎる場合は、事故沖縄で車専門で行っている中古沖縄で車買取業者に査定を頼むといいでしょう。その方がより高い査定金額を提示されるはずです。